消費税と選挙

野田政権は政治生命を賭けて「消費税増税法案を今国会に提出する」旨を高らかに謳い、退路を断ってこの事案に臨むことを明らかにしました。

一方、野党自民党は「法案を採決する以前に解散総選挙をして国民の信を問うべきである」との意見を表明しています。

さらには民主党の中には「消費税増税自体に反対」派も結構いらっしゃるらしく、この件がどのように落ち着くのか予断を許さない状況です。

で、野田政権のこの方針に反対なさっている方々の表向きの理由は何であれ、本当のところは選挙で負けたくない、あるいは一つでも議席を守りたいということではないかと、もう国民の誰もが疑っているのではないかと考えてしまいます。

維新の会とかいう勢力が関西を端緒に拡大を続けている中、解散総選挙の時期が遅くなればなるほど「民主党を見捨てた票は、自民党に流れるのではなく維新の会に奪取されるのではないか」との危機感があればこそ、自民党としてはなるべく早く選挙をしてしまいたい。維新の会が国政に参加させる陣容を固める前になんとしてでも。こんなところではないでしょうか?

一方、「消費税増税反対」派は「国民の暮らしが一番」が表看板としても、とにかく今選挙をやられたら〇△チルドレンなる議員先生方が大量に落選、〇△派閥も壊滅的ダメージという構図だけは避けたい、だから「増税も反対、また解散総選挙なんてもってのほか!」そんなところかなと透けて見える気がします。

野田総理大臣を積極的に支持している訳では全くありませんし、民主党支持でもないのですが、今回総理が退路をたって「やる」と発言したことに対しては、ここで書いた外野の「本音」を思うに素直に賛同の意を表したいと思います。

カテゴリー: 経済・政治・国際 パーマリンク