クルマのステアリング形状あるいはデザインについて

自動車のステアリングは、保安基準が緩かったというか、エアバッグが標準装備で無かった頃というか、あるいはステレオ類などの操作ボタンが無かった頃というべきか、ナルディ、MOMO、イタルボランテ等のステアリングに交換することは結構クルマ好きの中では当たり前な時代がありました。

さて、今はそんな時代とは程遠く、新車を買えばメーカー純正或いは最初にメーカーオプションで付いてきたステアリングをずーっと使い続けるのが普通です。レース仕様などに改造して一般道を走らないクルマでもない限り。

その観点から言えば、最近発売されたトヨタの86及びその姉妹車スバルのBRZですが、ステアリングのデザインにもう少し「色気」みたいなものだ漂っていれば更に良いのになあと個人的には思っています。スバルに関していうと、インプレッサのWRX STIで採用しているステアリング(MOMO製?)などを流用できなかったのかと考えてしまいます。

一度クルマに乗り込むと外観は自分で確かめる術もなくいくら気に入ってるデザインでも見とれることは出来ません。そしてクルマを運転している間、一番長く触れている或いは視野に入る自動車のパーツはステアリングです。カスタマイズが難しくなってしまった今の時代だからこそ、自動車メーカーの方々には素敵なデザインのステアリングを採用して頂きたいと切に願います。

カテゴリー: パーマリンク