下期がスタートしました。

カカクコム社の決算期において下期がスタートしました。この半年つまり上期を振り返りますと、価格.comにおいては消費財の拡充に努めたことが一番のトピックだったと感じています。

特に第2四半期にはクスリとサプリメント関連の価格比較をリリースしたことが特筆されます。始めたばかりですのでご利用者には未だ浸透していない面もありますが、検索サービスで「目薬」「鎮痛剤」等と入力して頂ければ、上位に当社コンテンツが表示されているのがおわかり頂けると思います。

こうした商材は「ビューティー・ヘルス」のカテゴリーに納められていますが、9月のユーザー数は8月に比べて170%強、前年同月比で350%強と成長しています。下期には更に強化を図り、「耐久財に強い価格.com」から「全ての商材が調べられる価格.com」へ進化を続けていきます。

食べログに関しては、9月は本来スマートフォンユーザーの活動が活発になる三連休を多く含む月でしたが生憎天候不順に見舞われて皆様の高いご期待には若干届かなかったかも知れません。然し乍、有料サービスをご利用頂くレストランが22,500店舗を突破した一方、プレミアム会員の方々にご利用頂けるクーポン提供レストランも足許3,200を超えて順調な成長を遂げつつあります。オンライン予約サービスの加入店舗も急速に増加しつつあり、来季への新たな成長の柱を確立することが下期の重要なミッションと認識して社員一同奮闘しています。

この他、映画ドットコムも過去最高のトラフィックを夏場に達成した一方、下期には旅行、不動産関連を一層強化して参ります。生活情報を総合的に提供する企業になるべく今後も一つ一つ新サービスを開発し、既存サービスを磨いていきますので今後ともご期待ください。

カテゴリー: つぶやき, カカクコム関連 パーマリンク