消費税

日本の消費税が5%から8%へ、そしてその後は10%に引き上げられる骨子の法案が昨日衆議院で可決されました。

 先進国としては異例に低い水準の消費税率が国家財政の破綻→格付け機関による日本あるいは日本国債の格付け引き下げ→日本円の暴落などといったシナリオ、そんな足音が少しずつ大きくなってきているような気がしていた時に、野田政権は与党内部からの造反をも乗り越えて前に進む様に、ある歴史小説がダブって映りました。

その小説は、城山三郎の「男子の本懐」です。濱口雄幸総理は丁度今のような不景気の真っただ中、世間あるいは国民に不評を買う「緊縮財政」を貫き最後は東京駅だったかで暴漢に襲われ命を落とすのですが、その際「男子の本懐」と言ったとか。

この内閣、確か井上準之助大蔵大臣が総理を支えていたからこそ、志半ばで倒れたとはいえ彼の存命中は政治にブレを作らず自分の信じる道を貫きとおせたのではと考えたとき、いまの野田総理にそのような右腕は存在するのだろうかと、民主党の混乱ぶりを見るにつけ「さびしい想い」を抱いてしまいました。

カテゴリー: 時事問題, 書籍 パーマリンク