インターン受け入れ

ある財団で働く大学時代の友人の依頼を断りきれなくて、フランス人のインターンをグループ会社のeiga.comで受け入れることになりました。eiga.comの社長も実は大学の同級生なのですが。で、このインターンの子ですが、最初はどうなるかなあと気がかりでしたが英語も堪能でなんとか溶け込んでくれているようです。そして、たった一週間でコラムまで担当することに!若い人の順応力、適応力には脱帽です。

カテゴリー: 映画 パーマリンク