バンディッツ

昨夜深夜のテレビで映画「バンディッツ」を何することもなく、正にボーっと観てました。ブルースウィリス等銀行強盗団が全米股にかけて暴力をふるうこともなく、淡々と強盗を重ねるという現実感に乏しいのですが、偶にアメリカ映画にありがちなドライブを続けながら友情・愛情みたいなものがほのかに深まるパターンの映画が深夜観るのにぴったりでした。

さて、映画では次々と盗難車を乗り継いで逃亡生活を送るのですが、その中の一台がシトロエンDSだったのにはおどろきでした。2001年の映画ですから、当時でも同車が生産中止になってから何十年も経っているわけで、アメリカで動いているDSを撮影のために見つけることでも手間だったに違いありません。そういえば他のクルマも相当年季が入ったものばかりだったり、アメ車に交じってトヨタのSUVや今となっては懐かしいサーブも登場していました。

テーマとはあまり関係ないのだろうけど、監督は相当なクルマ好きなのかもと思いながら、最後の(ある程度予想はできたけどそれなりに面白い)結末を見終えたら三時を過ぎてました。

カテゴリー: 映画, パーマリンク