ブログ閉鎖のお知らせ

誠に勝手ながら、2016年6月をもちまして当ブログを閉鎖いたしました。
長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。

カカクコム広報室

カテゴリー: 未分類 | ブログ閉鎖のお知らせ はコメントを受け付けていません。

軽自動車

今朝の経済関連ニュースの中に「トヨタがダイハツを完全子会社を検討」という見出しが躍っていて、トヨタグループは国内外でコンパクトなクルマに更に経営資源を投入するのだろうなあと誰もが感じたのではないでしょうか?

さて、軽自動車のスペックを見ると車幅は1475㎜と5ナンバーの制約1700㎜よりもかなり幅が狭くまた排気量も660ccと、大型バイクの750ccよりも小さなエンジンとなっています。

実際、首都高などで前を走る軽自動車を見ると横幅の短さが「クラッシャブルゾーンが少なそうだなあ」と感じますし、日本の道路もかつてそういう規格を制定したときよりは拡幅したでしょうから、たとえ2~3cmでも広げたほうが良いんじゃないかなあ、と思ったりします。

また、排気量にしてもあまり小さな排気量ではエンジンの負荷が常に高い訳で、さらに昨今の安全装備の追加で車重は以前より相当重くなっている事実も重ね合わせると、800cc位あった方が、燃費にとってもエンジンの寿命にとっても良いのではないかと考えてしまいます。

もし、軽自動車(的)なクルマをグローバルに展開していくとすれば、安全基準も異なる諸外国でも受容可能なものにしていくことが国益に適う部分もあると信じます。メーカー、所轄官庁上げて真剣に検討しても良いタイミングに差し掛かっているのではないでしょうか? ただ、こういう変更を行うときは、大抵増税とセットになりますが、、、

カテゴリー: 未分類 | 軽自動車 はコメントを受け付けていません。

本日より電気料金プラン比較を開始しました

本日より、価格.com内において電気料金比較を開始いたしました。リリースも出状しております。

お住まいのエリアを選択頂いた上で郵便番号、世帯人数や現在の使用量を入力すると、現行プランに比べてどれだけ節約になるかが一覧性を持って分かりやすく表示されます。

まだ、開始したばかりなので、これから網羅性、利便性を向上させて皆様のお役に立てるコンテンツに育てて参ります。さらに今後はもう一つの生活インフラ「ガス」の自由化も控えています。

インフラ関連サービスは、日常生活に密接に結びついているのだけれど、どの会社のどのプランを選んだら良いかわかりにくい、そうした悩み、疑問にこれからもお応えしてまいります。

 

カテゴリー: カカクコム関連 | 本日より電気料金プラン比較を開始しました はコメントを受け付けていません。

eiga.comでLINEとの連携のリリースが出ています。

当社子会社のeiga.comでLINEとの連携のリリースがでています。

もともと映画関連のニュースはトピック性というか話題性が高く、リリースにもある通り各種メディアやSNSに適した情報が多く、その文脈の延長上に今回の連携もあると言えると思います。

但し、LINEの場合他のメディアと比べた場合、より若年層のユーザーにも配信されて読まれる可能性を有していて、将来のコアなファンにも知って頂くチャンスだと思っています。

今後も様々なチャネルを通じて、当社サービスの有益で面白い情報を配信してまいります。

 

カテゴリー: 未分類 | eiga.comでLINEとの連携のリリースが出ています。 はコメントを受け付けていません。

食べログのオンライン予約ご利用者数が累計で400万人を突破しました。

食べログのオンライン予約ご利用者数が累計で400万人を突破しました。本日リリースも出しています。

ご契約頂いているレストラン数も着実に増えており、来期に向けていよいよ地盤をしっかりと固めるべきフェーズと考えています。

これからも、ご利用者、レストランの方々皆様にお役に立てるようサービスの質の向上に注力してまいります。

カテゴリー: | 食べログのオンライン予約ご利用者数が累計で400万人を突破しました。 はコメントを受け付けていません。

kakaku.comのペットカテゴリーの写真コーナーをリニューアルしました

kakaku.comのペットカテゴリーの写真コーナーをリニューアルして、当社photohito.comの関連写真を掲載しはじめました。圧倒的に写真の枚数が充実して、今まで以上に楽しめる内容に仕上がっていると思います。

今や、日本で飼われている犬と猫のペット数は2千万頭と人間の0~15歳児の人口を凌ぐまでに増えており、トリミングやシャンプー、動物病院、フード、おやつ等々、ビジネスとしてもとてつもない広がりを見せています。

今後、ユーザーの皆様からの様々なご要望やご意見を参考にしつつ、より良いコンテンツにしてまいります。

カテゴリー: 未分類 | kakaku.comのペットカテゴリーの写真コーナーをリニューアルしました はコメントを受け付けていません。

tabelog.comの個人向け有料サービス加入者が1,000,000人を突破しました

tabelog.comの個人向け有料サービス加入者が100万人を突破しました。リリースも本日出しています。

また、レストランの方々にご提供させて頂いている有料サービスも47千弱のレストランにご利用頂くに至っており、足許順調に推移しています。

このサービスは10年前に世の中にリリースして以来、最初の5~6年は全く課金やマネタイズということを行わず、ひたすらトラフィックの増大に力を注いできました。所謂クリティカルマスに達したと確信できたところから、メディアとしてのバリューを顕在化してきた歴史です。

このサービスだけで会社を興していたと仮定すると、単体ではいくら資本金を要していたか、途中でとん挫していたかも知れません。カカクコムグループ全体で、成長をサポートしてきた結果が今に至っているのだと思います。

これからも、現状に満足することなく、サービスの質を向上させ企業価値の増大に努めていきたいと考えています。

カテゴリー: カカクコム関連 | tabelog.comの個人向け有料サービス加入者が1,000,000人を突破しました はコメントを受け付けていません。

再び電力自由化

今までも記事コンテンツは提供していましたが、昨日より電力比較サービスを本格的に開始しています。リリースも出しています。

来年4月より自由化となりますが、きっと一般のご家庭ではどこの会社のどのプランが自分の暮らし方に最適なプランなのかなかなか分かりにくいのではないかと思います。

この後もガス料金等様々な生活インフラで自由化がおこなわれるでしょうが、その度に手間を厭わず皆様のお役に立つ情報の提供に努めてまいります。

カテゴリー: カカクコム関連 | 再び電力自由化 はコメントを受け付けていません。

週末に中野へ

昨日、日曜日に中野に行ってきました。久しぶりに。

住んだことはないのですが、40年以上前小学校高学年の頃から中野の塾に土曜日、日曜日と通っていたことがあったり、今は社会人になった長男が以前お世話になった塾もこの街にあったりとなにかとご縁のある場所です。

とりわけ僕の心をくすぐるのが中野ブロードウェイと呼ばれる商店街です。価格.comの時計ジャンルにも参加して頂いている時計ショップを廻ったり(実際、現在所有している二つの機械式時計は中野ブロードウェイ三階の二つのショップでそれぞれ購入しています)、まんだらけの中を眺めたりそこに訪れている内外からのお客さんを観察したりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

そして、その40数年前からこの町のアイコンでもあった中野サンプラザの建て替えが進んでいたり、駅前には複数の大学のサテライトキャンパス?が進出したりと、足許大変なスピードで変化しつつある街です。

歴史を紐解くとその辺りは江戸時代、生類憐みの令に基づいて犬が飼われていた、或いは保護されていたエリアであったり、中野学校の跡地には警察病院があったりなど興味深い史実との関わりもあるようです。

昨日は強烈な暑さに負けて余り沢山は歩けなかったのですが、もう少し涼しくなったら新井薬師の周辺や駅の反対側も散策してみようと思います。

 

カテゴリー: つぶやき | 週末に中野へ はコメントを受け付けていません。

欧州製輸入車のマニュアルトランスミッション導入について

最近ドイツやイギリス発祥の自動車のマニュアル(MT)モデルの本邦導入ニュースが目にとまることが多くなっている気がします。

直近ではフォルクスワーゲンのPoloとGolfのGTIやRといったスポーツ性の高いモデルのMTが日本に入ってくるとの知らせに勝手にほくそ笑んでいます。

他にもイギリスのジャガーFタイプもMT導入を果たしていますし、プジョーの208ルノーメガーヌミニ等の購入可能なモデルにもMTがあります。

こうしてみると、日本車で購入可能なMTモデルよりも、欧州車で購入可能なMTモデルの方が多いのではないかと思うくらいです。持てるパワーを余すことなくタイヤを通じて路面に伝えるため、換言すれば高効率なドライブ性能を手に入れるためには、DCTような瞬時にシフトチェンジを自動的に完了する技術の方に優位性があるのは重々承知の上で、「やっぱりカチャカチャとシフトチェンジする楽しみは機械に渡したくないなあ」というのが僕のホンネで、こうしたクルマに目がいってしまうようです。

さて、こうした嗜好はカメラや時計を選ぶ時にも影響していて、便利でメンテナンスフリーというモノも良いのですが、手がかかる機械に情を注ぐ傾向にあったりします。

勿論、人の趣味嗜好は様々で徹底的にデジタル的、先進的なモノを好む人も沢山いますし、実態はそちらの方が多分マジョリティーを占めるのでしょう。当社グループのサービスとして、網羅性を常に担保して、どのような好みをお持ちの方にも、一定レベル以上のサービスをお届けできるよう、これからも心がけて行きたいと思います。

カテゴリー: 未分類 | 欧州製輸入車のマニュアルトランスミッション導入について はコメントを受け付けていません。